クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能

クラウドとインターネット

クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能 クラウドという言葉は、インターネット関係でよく出てきますが、クラウドは雲という意味ですから、インターネットの外部の世界を雲という表示で表したということです。しかしそれよりもインターネット世界を仮想空間の膨大な未開の土地ということで、雲の上の世界という意味で捉えたほうが良いようにも思います。海とか雲とか宇宙とかいうイメージです。しかし現実的には外部のインターネットの関連するサービスや機器やシステムなどをクラウドと呼ぶのではないかと思います。私達がインターネツトを利用しているということは、そのままクラウドサービスを利用しているということで、そのサービスとは、私達がインターネットで利用しているすべてのサービスだということになります。

インターネットでのネットサーフィンやメールのやり取り、スマホでの色々な利用も、全てクラウドを利用していないものはないということになります。特に最近はセキュリティ対策関係でも、クラウドのサーバを利用して、ウイルス対策をしているサービスもたくさん出てきました。クラウドではデータがすべてクラウドのサーバにありますので、利用する私達には負担なくウイルス検索なりが利用でき、常駐型の今までのウイルス対策ソフトのような常にアップデートしなくてはならないという方法を取らなくてもすむということになります。またウイルスのデータも素早く更新されるので、それらを上手く利用できれば、防御面でも負担が少なくなるということです。そのような利用もクラウドではできるということになります。

端末PC上のファイルはクラウド上のそれから随時にコピーされ、また元のファイルは同一クラウド間で補完される、というのは網の結び目から鈴が垂れ、そこには他の鈴が映し出される、という帝釈天の網が一番イメージに近いかもしれません。実際にネットを介しての演算処理を行う、とする発想は分散処理と集中処理との間で揺れ動いてきたコンピューティングの利用形態の究極的イデアとされています。


Copyright(c) 2022 クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能 All Rights Reserved.