クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能

クラウドとは何でしょうか

クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能 クラウドというと、最近話題になっている言葉ですが、聞いたことがあっても意味がわからない方もいるのではないでしょうか。しかし、皆さんが通常利用していることが多いものでもあります。ここでは、そのその内容について、具体的な例をあげながらお伝えしていきたいと思います。まず、直訳すると「雲」という意味です。雲はつかみどころのないように思えますが、その通りのイメージだと思って問題ありません。ソフトを使う際、今までは電気屋さんやパソコンのソフト屋さんでCD-ROMなどが入ったソフトを買って、それをパソコンにダウンロードして使うのが一般的でした。

しかし、それをするとソフトウェアが新しくなったときに、またディスクを買う必要が生じてきたりして、制作側も利用する側も大変でした。それをなくしたのがクラウドです。これは、ソフトウェアをインターネットのサーバーに保存しておき、利用したい人が雲からそれを取り出すように自由に使うことができるやり方を言います。具体的に言うと、今まではメールをするときはオフィスのアウトルックを購入して、それをパソコンにダウンロードする必要がありました。しかし、今ではグーグルメールなど、インターネット上で使うことができます。これは、高速通信が可能になったことにより一般化されました。今ではゲームや音楽など、様々なものがこの方式で利用されています。これをすると、バージョンアップする時も簡単にダウンロードすることができます。

とにかくクラウドシステムには未来があるので、これからICT導入を本格化させていくのには、考えるポイントとなってくると思います。どんな現場にもクラウドは浸透してくることでしょう。


Copyright(c) 2022 クラウドは作業効率が上がるとても便利な機能 All Rights Reserved.